香川大学 小野研究室

- Takafumi Ono's Laboratory -

近年、量子コンピューター、量子暗号、量子計測など、「量子」に関する話題が海外を含めて数多く取り上げられています。 これらはもともと、物質の最小単位である「量子」の性質を理解しようとする中で発展してきたものです。 そして、最近になって本格的に、これらを役に立てようとする動きが世界中で始まってきました。

私の研究では、光の最小単位である「光子」を使って、光量子回路や光量子計測といった、従来とは異なる技術の開発に挑戦しています。 特に、最近では、シリコンフォトニクスの技術を使って、大規模な光学系を約1cm程度の大きさのチップ上に集積化し、 量子の不思議な性質の解明や、それを計算や計測へと応用する研究に取り組んでいます。

お知らせ

  • 2022/07/30

    B4の浦山君・山下君が,2022年度応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会で発表を行いました.

  • 2022/07/30

    香川大学で,2022年度応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会が開催されました.アルバイトを担当してくれた学生の皆さん,大変お疲れ様でした.

  • 2022/04/18

    小野が,国際学会ALPS2022で発表を行いました.

  • 2022/01/13

    小野が,第42回レーザー学術講演会で、受賞記念講演を行いました.

  • 2021/12/01

    小野が,第45回量子情報技術研究会学会で,発表/座長を行いました.

  • 2021/10

    3年生が,新たに4名配属されました.

  • 2021/09/12

    小野が,第82回応用物理学会で、発表を行いました.

  • 2021/05/31

    小野が,2021年レーザー学会 業績賞(論文賞【オリジナル部門】)を受賞しました!

  • 2021/05/27

    小野が,光応用光学特別研究会@東京大学で講演を行いました.

  • 2021/04/19

    小野が,国際学会ALPS2021で発表/座長を行いました.

  • 2021/03/28

    小野が分担執筆した,「量子センシングハンドブック~量子科学が切り開く新たな領域~」が出版されました.
    (担当:分担執筆, 範囲:5章3節「量子もつれ光子を用いたセンシングの理論」) 株式会社NTS