本文へスキップ

先端マテリアル科学コースはものづくりのための材料開発および設計を積極的に推進できる高度な次世代の技術者を育成します。

TEL. 087-864-2000(創造工学部代表)
FAX. 087-864-2438(コース事務)

〒761-0396 香川県高松市林町2217-20

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

先端マテリアル科学コースはものづくりのための材料開発および設計を積極的に推進できる高度な次世代の技術者を育成します。

TOPICS

  • 修士1名および学部生3名が以下の通り受賞しました。
    ・日本鉄鋼協会第176回秋季講演大会 学生ポスターセッション 努力賞
      田井大貴(修士1年),熱間NiショットピーニングによるCu含有鋼の表面赤熱脆性発生抑制機構の検討
    ・2018年日本化学会中国四国支部大会愛媛退会 ポスター賞(Chemistry Letter賞)
      秋山雄一(学部4年),発行性π共役系液体分子の合成および物性評価
    ・日本金属学会・日本鉄鋼協会 中国四国支部 金属第58回・鉄鋼第61回 合同講演大会 金属学会中国四国支部 優秀学生賞
      間部航平(学部4年),CFRP積層板のパンチプレス加工に及ぼす落錘衝撃効果
    ・日本金属学会・日本鉄鋼協会 中国四国支部 金属第58回・鉄鋼第61回 合同講演大会 金属学会中国四国支部 優秀学生賞
      栄谷美歩(学部4年),Ti-6Al-7Nb合金の表面皮膜構造に対する多段階MAO処理プロセスの影響
  • 嶋岡永悟 君(博士前期課程2年,舟橋研究室)が第8回CSJ化学フェスタ優秀ポスター賞を受賞しました。
    講演タイトル:オリゴp-フェニレンビニレンを発光部位とするダイマー型キラル液晶性半導体の開発
     広い波長域で円偏光反射・発光が可能な新規液晶材料を開発しました。将来的には、円偏光発光デバイスや有機半導体レーザーへ研究を展開する予定です。(詳細はこちら
  • 磯田 講師と佐藤結香さん(博士前期過程2年)らの研究が,Wiley-CVH社”Chemisry An Asin Jorunal"のCover Fueatureに選出されました。(概要ジャーナルURLはこちらから)
    Cover Featureとは?発刊された号の中で査読者(論文内容の評価や検証を行う同領域の専門家)の評価が非常に高く,編集長により特に注目に値する研究として選ばれた一つの研究が、ポップなイラストとともに紹介されたものです.
  • 平成31年度AO入試出願期間は9月3日(月)〜7日(金)です。詳細はこちらをご覧ください。
  • 2018年度が始まりました。        
  • コース責任者は小柴教員、就職委員は楠瀬教員です。

NEWS新着情報

2019年2月4日
舟橋画伯連載コラム(受験生応援漫画第4回 入試特集号)が更新されました。
2019年1月11日
2019/1/29(火)に教授就任講義(楠瀬尚史 教授)が開催されます。
題目:常に面白い構造用セラミックス複合材料 〜今までにない物性を目指して~
2018年10月23日
11/28(水)に IEEE Magnetics Society Distinguished Lecturer (卓越講演者)講演会(豊橋技術科学大学 井上光輝 教授)が開催されます。
2018年10月12日
11/3(土) 第2回 香川大学創造工学部オープンキャンパスが開催されます。
2018年9月28日
卒論および修論の中間発表が行われました。
2018年9月26,27日
卒論および修論の中間発表が行われました。
2018年8月10日
舟橋画伯連載コラム(受験生応援漫画第3回 AO入試特集号)が更新されました。
2018年8月9日
3年生とのバーベキュー懇親会が御山公園にて開催されました。
2018年8月7日
第1回 香川大学創造工学部オープンキャンパス2018が開催されました。
2018年7月25-27日
大学体験授業〜科学・技術の面白さを体験しよう〜が開催されました。
2018年4月14-15日
新入生合宿研修が屋島少年自然の家にて実施されました。
2018年4月9日
舟橋画伯連載コラム(2018年度受験スタート記念号)が更新されました。
2018年4月3日
平成30年度入学式が挙行されました。
2018年4月1日
先端マテリアル科学コースHPを開設しました。

バナースペース

香川大学創造工学部創造工学科先端マテリアル科学コース

〒761-0396
香川県高松市林町2217-20

創造工学部代表TEL.087-864-2000
コース事務FAX.087-864-2438