Tagatose

The Tagatose is a kind of the monosaccharide classified into the ketohexose.

The tagatose has a similar flavor to sugar. It has only the calorie of 38% though it has the sweetness of 92% of sugar. Therefore, the tagatose is used as sweeteners. Because it causes neither the rise in the plasma glucose concentration nor the decayed tooth.

Safety was declared from FAO/WHO in 2001, and the tagatose was taken as a food additive also in Japan in 2003.

工業的には、ラクトースから切り出したガラクトースにアルカリ性下で水酸化カルシウムを作用させ異性化させて作る。

希少糖の生産に用いられる酵素、D-タガトース3-エピメラーゼ(DTE)によって、ソルボースに変換される。

水溶液中では異性化を起こし、環状構造との混合物となる(変旋光)。平衡状態に達したときに最も存在比が高いのは α-ピラノース体(α-D-タガトピラノース)である。