直島セッション
(2005/12/6 09:00:00 以降更新されません。最新情報は現地でお確かめください。)

WISS 2005 の3日目、12月9日は直島に移動しての「直島セッション」を実施します。

直島セッションとは

直島には、地中美術館ベネッセアートサイト家プロジェクトなどアートが集積しており、世界から注目を集めています。特に家プロジェクトでは古い家の空間や神社などがそのままアートとして生かされ、またインタラクティブアートとしての要素もあり、ユーザインタフェースやインタラクションの研究者であれば必見と言えるものだと思います。

とはいえ、離島でアクセスが悪く、現地に赴くことはなかなか機会が作りにくいでしょう。お隣の小豆島でWISSに参加した機会にぜひ直島にも渡っていただき、鑑賞と思索に浸りながら、次世代インタラクションについて議論を深めたいと思います。

スケジュール等

12月9日

午前に小豆島から直島に移動。
その後、 グループに別れて現地で団体行動しつつ、自由ディスカッションとします。(行程表

なお、直島内はバス、タクシーとも非常に数が限られている上、他の団体も同じ日に見学をしているため、移動手段が限られます。
我々が借りている貸切バスといえども、別の時間帯は別の団体が使用するため、時刻表通りに運行します。くれぐれも時間厳守をお願いいたします。
団体行動から外れると、長距離を歩かなくてはいけなくなる、島から出られなくなる、自分以外の誰かをバスから積み残しにしてしまう、などの危険性があります。

また、昼食を大人数の団体で取れる場所は島内にはなく、美術館のカフェを利用すると食事に非常に時間がかかる恐れがあります。
このため弁当を用意しますので、周囲に迷惑のかからない場所でとってください。

参加されない方もいらっしゃると思いますので、費用は別料金とします。予定金額は以下の通りです。

鑑賞費用:3,500円 (「きんざ 」をごらんになる方は別途500円)
チャーター船費用:2000円(利用する場合)
貸切バスの方:300円。(定期バスの方との不公平をなくすため)
弁当: 540円。(注文者のみ)

小豆島から直島への移動

直行チャーター船(有料)を運行します。8:30, 9:30, 10:30 発の三便。各定員40名、所要40分。小豆島池田港から 直島ベネッセアートサイト行です。

チャーター船に乗り切れない場合、および自家用車を運搬する必要のある場合は公共交通機関をご利用ください。高松港又は宇野港経由になり、所要時間が2〜3時間になります。直島への上陸は宮ノ浦港になります。

直島から高松経由で東京への帰路

個別に公共交通機関を利用してください。

フェリー:直島宮ノ浦港 17:00 →高松港 18:00 (この便を利用の方には、空港までの送迎バスを用意します。)

高松空港発 19:20 →羽田 20:30 (ANA)

直島から岡山経由で東京への帰路

個別に公共交通期間を利用してください。

飛行機最終

宮ノ浦港 16:40→宇野港 17:00/宇野駅 17:27→岡山駅 18:20/岡山駅18:30→岡山空港19:00/岡山空港 19:45 →羽田空港 21:00

新幹線最終

宮ノ浦港 17:40 →宇野港18:00/宇野駅 18:27 →岡山駅 19:20/岡山駅19:42→東京駅23:06 (のぞみ68号)

直島の本村港(家プロジェクトの近く)からも小さな客船が宇野港へ出ています。これの利用も可能ですが、基本的には宮ノ浦港利用を前提に予定を組ませていただいています。

注意事項

関連リンク