田中 康弘 (TANAKA Yasuhiro)

博士(歯学)
香川大学 工学部 准教授
工学部材料創造工学科 材料プロセス工学講座

Last update: 30 Jun 2006

オフィス

香川大学工学部材料創造工学科材料プロセス工学講座
〒761-0396 香川県高松市林町2217-20
工学部2号館8階(2818)
Phone: 087-864-2405
FAX: 087-864-2438
E-mail: tanaka@eng.kagawa-u.ac.jp

専門分野

材料物理学、電子顕微鏡学、歯科生体材料学

学歴・職歴

九州大学理学部物理学科卒業(1987.3)
九州大学大学院総合理工学研究科材料開発工学専攻修士課程修了(1989.3)
長崎大学歯学部歯科理工学講座助手(1989.4)
長崎大学大学院医歯薬学総合研究科医療科学専攻発生分化機能再建学講座生体材料工学分野助手(2002.4)
香川大学工学部材料創造工学科助教授(2005.10)

研究テーマ

  1. 金属/セラミックス界面構造の原子レベル構造解析および化学状態の検討と界面強化法の開発
  2. 歯科用合金の熱処理による時効特性と微細組織変化
  3. 陽極酸化および高温酸化による表面処理チタンのナノ構造および化学状態解析
  4. 鉄鋼材料の高強度化を実現する新たな指針
  5. Cu含有リサイクル鋼における赤熱脆性抑制法の開発
  6. 高機能磁性合金の微細組織解析および磁気特性との関連
  7. X線光電子分光法(ESCA)による表面分析
  8. イオンプレーティングによる表面改質
  9. 電気化学的手法による化学的安定性の評価
  10. 有機物/無機物異種界面のナノ構造および化学状態解析


主要著書・論文等

  1. Tanaka Y.: Titanium-oxide interface structures formed by degassing and anodization processes, J. Mater. Sci., 40, 3081-3090, 2005.
  2. Tanaka Y., Hisatsune K.: Remanence enhancement based on L10 ordering in Fe-Pt permanent magnets, J. Appl. Phys., 93: 3435-3439, 2003.
  3. Tanaka Y., Watanabe I., Miura E., Shiraishi T., Hisatsune K.: Nanostructure analysis on the metal-bond-porcelain using titanium by TEM and EELS, (Proc. 4th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM4), Eds. by Hanada S., Zhong Z., Nam S.W., Wright R.N.) Jpn. Inst. Metal, 265-268, 2001.
  4. Tanaka Y., Kimura N., Hono K., Yasuda K., Sakurai T.: Microstructures and magnetic properties of Fe-Pt permanent magnets, J. Magn. Magn. Mater., 170: 289-297, 1997.
  5. Tanaka Y., Udoh K-I., Hisatsune K., Yasuda K.: Spinodal ordering in the equiatomic AuCu alloy, Philos. Mag. A, 69: 925-938, 1994.

所属学会

日本金属学会、日本鉄鋼協会、軽金属学会、日本顕微鏡学会、日本歯科理工学会、日本磁気歯科学会、IADR(International Association for Dental Research)